宝山寺⑤ 遥拝所~水神

階段を上った先は
遥拝所でした。
遥拝ということは、「断崖の弥勒菩薩像の前までは行けない。」ということですな。。。

一応、裏手に回ってみる。
あの断崖にある部分は、般若窟というものらしいですな。
ものごっつい結界w
そないにたくさん立入禁止と掲げなくても^^;
弥勒菩薩より少し離れた右隣の窟には
左の社に荒神、右の社に弁天が祀られているそうです。
この結界?前には、ミニ稲荷?や仏像の頭部のみ?や恵比寿と布袋さん?が祀られてました^^;

そこにあった切り株に
巨大なサルノコシカケ(キノコの一種)
が生えてましたっ!
LPレコードよりも大きいゾっw
(万一折れたらいけないので手を近づけただけで触ってません^^;)





遥拝所手前の左隣に烏枢沙摩明王

ウスサマといえば
「トイレの神様」の歌で有名になった神様ですが。。。
「トイレにはそれはそれはきれいな女神様がいるんやで」
という歌詞からは想像できないお姿ですなっw

まぁ明王という名称からして強面であるのはわかりますがね^^;

一面四臂だったとは知りませんでした。

日本の仏像で、一面六臂や三面六臂の仏像は見たことあったけど
一面四臂というのもあったんだね。

(ちなみに三面六臂の烏枢沙摩もあるそうです)


烏枢沙摩明王の隣にも小道が続いてるみたい。
開眼自戒出世大師
なんだか凄い名称ですな
水神
聖観世音菩薩

向かいには石像が並んでるのですが、お地蔵さんのほかに
慈母観音や千手観音などもありました。(逆光なので少し見えにくいですがお許しを^^;)
石仏でここまで細かく彫られた千手観音って珍しい!
独特の模様が彫られた石塔。 蓮台?の隙間にめっちゃちんまい小僧さん?^^;




。。。つづく
最初 最後

0 件のコメント :

コメントを投稿