圧巻の石仏衆 七寶寺

だんだんと見えて参りましたよ。
目的の寺まで、もう2キロもない地点だけど
山の中腹くらいまで登らないといけないっぽいですな。
ってか、この鉄筋のワッカの上には何ができるのだろう?w
まぁ寺社に関するものじゃないだろうけど
人がいなかったので確認できず^^;


山に向かってテクテク歩きます。

たぶんもう1キロも離れてないだろう。。。
わたくしめは道路側から行きましたが
石段側からでも行ける模様。 

画面右端にチラっと見えてるのがバス停・七面口駅。

(妙見口駅から歩きで2時間以上だけど
バスだと20分ちょいみたいです)


しばらく歩いてると、涌泉寺(ゆうせんじ) というお寺があり、そこを右に曲がって山道を歩きます。。。
画像でみると平坦な小道に見えますが、チャリンコ漕いでは登れないような上り坂なのです。
坂を登ってしばらくすると七寶寺の看板がありました!
この坂道のあたりから、少し足の裏が痛くなってきたりも。。。 (なんせここにくるまで10キロくらいは歩いてたしねぇ)

おおーっ! 5m以上はありそうな大きな観音さまが見えましたっ!!
釈迦ヶ嶽七面山(しゃかがたけしちめんやま)七寶寺(しちほうじ)
ここが入り口のようです。
地生観音()
(「ちせい?・ちしょう?・じおい?」 読み不明)
観音様は三十三種にわかれると言われてますが、その中に地生観音というのはありません。。。 地(土地)界の観音様だとは思いますが。。。

となりに案内板があったので見てみることに。
(画像では白とびしてなんも見えてませんね^^;)
寄りで看板を撮って
この画像をカメラで確認しながら見てまわることにしました。
凛としたお地蔵さま
韋駄天(いだてん)

では、参拝いたしましょう。。。
って、修行寺であり、観光やハイキング目的では一切入るな!との旨の注意書きが。。。
この注意書き。。。至る所にたくさん掲げて(入ってからもこの看板が多数w)ありまして、たじろぎそうになりました。汗

ってかてか、一番右の立て札
ハイキングの方 寺内の通抜け禁止  右の道を登って下さい」って書いてあるのですがね。
みなさんは、この文章みて、どう解釈します???
わたくしめは、ハイキング客は右の道を登れ!(右にハイキングコースがある)と解釈したんですが。。。
右には砂利の駐車場があるだけで行き止まりw ハイキングのハの字もありませんがなっw


案内板の右横にある石段を登るって意味なのか
と思って少し行ってみたけど。。。
墓地があって、その先は七寶寺に続いてる感じ。。。
(どこかにあるのか?と探してみたけど
ハイキングコースは結局見つかりませんでした^^;)


参拝目的なら一般人も入ってもよい。と解釈しましたので
少しびびりながらも参道に入らせていただくことにしました。



。。。七寶寺(2)へ、つづく。

0 件のコメント :

コメントを投稿