珍寺 玉皇山弥勒寺③

2人とも、ちょいとここで催しまして。。。
観音堂でトイレを借りることに^^;

堂内、写真とってもいいですか?
いいですよ^^


やっぱちょっと雰囲気がちゃいますなぁ~。。。
はじめての方には無料で
お水と護摩木を差し上げておりますので、どうぞ♪
あ。。。そうなんですね。。。
無料ですので、どうぞどうぞ^^
そ。。。そうですか、じゃあ^^;
トイレ借りてしまったので、断りにくい。。。汗
(大変失礼ながら、勧誘されるんじゃないだろうかと内心ヒヤヒヤだったりも^^;)
お焚き上げしますので
護摩木にお名前と願い事を書いてください。
住所は書かなくていいですよね?^^; 
(念押ししてしまった^^;)
はい、結構です^^

では、お線香をあげてください。
え?
日本のとは
少しやりかたが違いますので、説明させていただきますね。
は。。。はい。。。
えとー。。。時間はかかりそうでしょうか? 
(思わす言ってしまった^^;)
すぐ終わりますので^^;
そうですか^^;
じゃあ。。。

まずはこちらにお立ちください。
お線香を3本水平においてください。
一礼。。。二礼。。。三礼。。。
次はこちらにお立ちください。。。
一礼。。。二礼。。。三礼。。。
カラフルですなぁ~^^;
先頭中央に哪吒太子 (毘沙門天の三男)
哪吒太子の両サイドにいるのは、鬼で、順風耳千里眼というらしいです。
順風耳(赤鬼)は、千里先のあらゆる悪の兆候や悪だくみを聞きわけ
千里眼(緑鬼)は、千里先の動きを監視して
あらゆる災害から媽祖(観音様の化身)を守るのだとか。
後ろにズラっと鎮座されてるのが媽祖かな?

っていうか。。。なんやかんやで半時間くらいかかってたような気がーー;
まぁ~そのときに
ここのお寺の歴史など、色々お話しをしていただいたのですけどね^^;
説明してもらえるのはいいんだけど。。。なんつんだろ。。。
こちらが聞いて答えてくれる。という感じではなくて
延々と色々お話されるという感じでして。汗

お守りの案内もされたんですが
かなり長引きそうな&金銭が発生する予感がしたのでパスしました^^;

何度も言うように
自分は正直、仏像や造形物に興味があっても、宗教そのものはちょっと。。。なもんでw




では、千体観音の先に行ってみましょう。
途中には鍵つきのパネルがたくさん。。。各故人のご供養用かもですね。


。。。つづく
最初最後

0 件のコメント :

コメントを投稿