珍寺 玉皇山弥勒寺⑨

入り口鳥居付近まで戻ってきました。
ブロンズ四天王が仁王立ち。 かっちょええですな!
増長天
持国天
五輪塔
広目天
多聞天
日本の四天王と違い、中国様式みたいですね。持ってる武具も全然ちゃいますな。


って、どうやら本来はこちらからお参りするのかも^^;
上のほうに見えてるのが、三仏宮本堂 (正面からではなく、別ルートで入りましたが^^;)

本堂へ上がる途中に
九頭龍の石版 正面・裏面ともに龍の彫りが施されとりました。
(引きで、もうちょい全体像写したかったんだけど、細い道なのでこれが限界;;)

明王堂などのお堂が左右に3つずつ。


本堂の中には
中央にどで~んと大きな弥勒古仏 両サイドに観音古仏天然古仏
天然古仏の前には媽祖が並んでましたです。
とまぁ~こんな感じでした。ハイ

隈なくは周れなかったと思うけど
だいたいは見て周れたと思う。
お寺の名前にもなってるくらいなんで
当然っちゃ当然なんだろうけど、やたらと弥勒菩薩(布袋さん)がいたはりましたw
(不動明王・観音・地蔵群は圧巻で気に入ってますが^^;)
見た目が和風っぽいのと中華風っぽいのが混在してるのはちょっと違和感がありました。
さすがに五大宗教が一箇所にってのは無理があるようにも思ったし^^;

大変失礼なこと言いますが
なんつんだろ。。。
変なたとえだけども、うどんにマーボー豆腐をかけて出されたような気分w
インパクトはあったけど、統一感に無理があるなぁ~という変わったお寺でした^^;






最初 最後

0 件のコメント :

コメントを投稿