手本人(てほんびと)

みなさんには、「親友」と呼べる友がいますでしょうか?
仲のいい友達は居てますが、「親友」だろうか?と考えたら
正直、自分にはおりません。汗

屁理屈っぽく聞こえるかもですが、ちょっと思い返してみてほしいのです。
「親友」はいてるよ!という方でも、ほんとにその友は「親友」ですか?
自分が親友と思ってるだけで、相手は親友とは思ってなかった。。。
なんてことはないですか?

「なんでも話せる」「何でも話を聞いてくれる」「困ったときに助けてくれる」
これは、自分が相手に感じていることであって
あなた自身は相手にも同じような態度を取れていますか?
対等な存在になれていますか?


対等だ!と答えた方に、さらに質問。
その親友とは境遇が似ていますか? 
もし、似ているなら
この先相手または自分の境遇が変化した場合も親友で要られますか?
たとえば、結婚して、親友のパートナーは超裕福で順風満帆
一方自分のパートナーは先の見えない貧乏状態。
誤解しないでほしいのは、決して貧乏が悪いわけではありません。
(貧乏であっても、貧乏なりに楽しく過ごしてるというのもありますしね)
ただ、親友として格差がでますよね? そうなったらどうでしょう??

あくまで私的な見解だけど、そう考えたとき
親友というのは必ずしも不変の存在ではないし
親友がいなくても別に何の問題もないんじゃないかな?と思うのです。
(友は居たほうがいいけども、親友は居なくてもいいという考え方です)


尊敬できる人
尊敬できる人は居ます。
でも、その人のようになりたいか?と聞かれれば、必ずしもそうは思いません。
だって、めっちゃしんどそうやもんw
尊敬できる人については「凄いなぁ~!」とは思うけど
自分にはマネできんなぁ~という人が多いです^^;


で、最近、自分が取り入れてる考え方なのですが
手本人:この人を見習いたいな。と思うような人 を増やすこと。

もちろん、身近にそういう手本人が居るに越したことはないですが
仮に、身近にそういう人が見当たらない場合でも
たとえば、芸能人や有名人に手本人(自分にとってのね)は居ると思います。
もっといえば、架空のキャラクターでもいいです。

ここで重要なのは、万人にとってではなく、自分自身にとってお手本となる人!
(傍から見れば、この人のどこがいいの?というような場合でも、自分にとってこの人を手本にしたいなと思える人です)
非の打ち所が無い、凄く立派な振る舞いをしているとか、そういうことではなく
「あ~、この人を見てると和むなぁ~」とか
「目上目下関係なく、人当たりが良いなぁ~」とか
自分もこういう人になりたいなぁ~。。。と思えるような人をどんどん増やしてけば
自身も成長できるんじゃ?と思うワケです。

人間、いい面も悪い面も両方もってるのが当たり前。
なので、手本人の全てを見習うのではなく
自分にとって見習いたい部分(行動など)を観察してます。


もうひとつ、真逆の意味で、反面教師というのがありますね。
あんな人にはなりたくない!と思う人って結構目に付きますよね^^;
(自分の周りにも多いですw)

でも、それにあまり重きを置くのはダメかもな。とも思います。
自分もああならないように気をつけよう。程度ならいいけど
「あの人のここはアカンなぁ~」とか「あれじゃあ誰も相手しなくなるよな」とか
そういうことばかりにアンテナを張るのは精神的に滅入るよw

それに、さきほども言ったように
人間にはいい面・悪い面両方あるので
反面教師だな。と思う人にも、どこかしらいい面もあると思います(。。。たぶん^^;)


でもまぁ~
インパクトの強いほうが頭に残りやすいから
反面教師をさがすより、手本人をさがすほうが効率的だし、有意義だと思うのです。

0 件のコメント :

コメントを投稿