堺のピラミッド型史跡

季節の花である梅も見れたし、家路につくかのぉ~。。。
と、思ったけども、まだお昼前だし、ちょいと他のところにも行ってみっかな。

途中、道路沿いに花が咲いてたのでパシャリ
水仙  菜の花
それがコラボして植えてありましたっ^^


で、訪ねてみたのはこちらの公園
土塔町公園
 
門右入口はいってすぐに整備記念碑
土塔を模してますが
歴史と関係ない土地区画整理組合関連の碑です(゚∀゚)

土塔  大阪堺出身の行基(奈良時代の僧)が、建立した仏塔で、ピラミッド型史跡です。
一辺約53m、高さ8.6m以上もある十三重の塔で、各層は瓦葺になっています。
ものすごい数の瓦です!
この下に窯跡があるんだね
。。。が
予算がなかったかったのか、当時の瓦で覆われた姿は、四面のうち半分の二面だけを再現してる模様Σ(;´ω`;)

土塔の周りには、遊歩道もあるのですが、塔の上部には登ることはできません。
一部、土塔の断面が見れるようになってました。
といっても、普通の土砂って感じです^^;
当時使われてた瓦のようです。 (てことは、今積みあげてるのは新たに焼いた瓦なんですかね^^;)
1/20の立体模型
方形段が十二層、円形段が一層
最上には多宝塔の上層部があったらしいです。
本物も、ここまで再現されてたら
見応えありそうですね!

とまぁ~こんな感じでした。
正直、メインにここを訪ねるほどではないかも知れませんが
何も知らずにいきなりここに来たら結構見入ってしまうかもですw




おまけ
干上がりかけた池に。。。
ハト?カラス???
オオバン(野鳥)じゃないですかっ!
もしかしてそんなに珍しい鳥でもないのかも?^^;

0 件のコメント :

コメントを投稿