海洋堂かっぱ館(7)

最優秀作品が1Fにあるみたいです。降りてみます。

これが最優秀作品。
鍛冶・彫金・溶接で作られた畳2畳ほどの大きさの作品です。





最優秀作品と唄われるだけあって
技術面や細部まで作りこまれた緻密さが凄いですね!


(たしかに凄いけど、極私的にはカッパの女子高生が秀逸でした^^;)




2号館1Fから出ると
かっぱ亭?? かっぱカレーや珈琲・アイスが注文できるみたいです。 (注文してませんけどね^^;)
 って、かっぱ巻きは無いんだ?w  画像右。。。壁にかっぱの足跡、こじゃれた演出ですなw







根っこの生命力かぁ~。。。
木の根っこってビックリするくらい高価ですよねぇ~^^;

とまぁ~こんな感じのところでしたです。ハイ



Sがトイレに行ってる間に
下の川の様子も見に降りてみましたw こういう川にカッパが住んでるのでしょうかね。。。
(もしかしたら川の中にカッパオブジェがあるかも?と見てみましたが、さすがにそこまでは凝ってなかったっすw)

。。。が、橋の下に
ブランコに乗るカッパがおりましたっw 憎い演出やねっw
ぶっちゃけ、訪れるまでは所詮海洋堂のオマケ的な場所だろうと思ってたんだけど
これはこれで見応えのあるミュージアムでしたよっ!

ってか、なんでカッパ??
高知四万十にはシバテン(芝天狗)というカッパに近い妖怪の伝説があるらしく
日本全国探しても、かっぱに焦点を絞ったところが無かったので、海洋堂が町おこしの一環として建てたのだそうです。
誰もやったことがないことをする。 なるほどねぇ~。。。やっぱ着眼点が普通の企業とは一味ちがいますなw


0 件のコメント :

コメントを投稿