四天王寺 南大門~太子引導鐘堂

2016.12.12 (まだ去年の話かいっwって言われそう^^;)
今回で、大阪十三仏まいりのご朱印を満願成就すべく
残りの寺をまわることにしましたっ!

まずは、中でも一番の名所見所である四天王寺を目指すことに。
荒陵山 四天王寺  (南大門)
和宗総本山 日本仏法最初の官寺であり、超有名どころです。
大阪府民に限らず、日本人ならまず名前くらいはご存知でしょう。
四天王寺の東西南北に複数ある山門のうち、この南大門が正門の立ち位置にあります。
(正門の位置づけなのに、人の出入りは西門の方が多かったりする^^;)

南大門を潜った足元には
熊野権現礼拝石
各山門前に1つずつ、計四つの聖石があるそうです。
南大門のそばに境内案内図がありました。


本来なら南大門を潜った目の前の光景で「おおっ!」っとなるところなんですが。。。
中門(仁王門) 平成34年厳修に向けて改修中でしたっ;; 厳修:儀式を厳かに執り行うこと。)

境内は、なにせ広いので、とりあえず右に行ってみます。
休憩所


プレハブ小屋のような休憩所^^;

ここでタバコを一服しようかと入ったのですが
中は、大衆食堂チックな
食券システムの飲食所になっており
何も注文しないのはやばいかな?と即退出したというw

(店の人以外は自分だけだったので^^;)




太子引導鐘堂(南鐘堂) 八角屋根で円形の堂内。独特の形状ですな!
正式名:鯨鐘楼  本尊:阿弥陀如来
鐘堂前の香炉??
灰?が渦巻き模様に整えられてました。


  鐘堂の左手に
太子井戸屋形
蓮と菖蒲?の彩色が際立ってますな。
井戸屋形:井戸周囲に柱を立て、屋根を設けたもの
  さらに井戸屋形の左には
唐門
 


扉の紋。徳川葵紋ですよね?
 
  

これは、このあたりだったか、ちょっとうろ覚えなのですが。。。
生田南水句碑
「ふる花のちりりたらりや聖霊会 南水」
三重宝塔。。。かな?
達筆すぎて字が読めない^^;


。。。つづく
最初 最後

0 件のコメント :

コメントを投稿