少彦名神社

次の神社は、期間限定のご朱印が頂けるらしいので訪ねてみたのやが。。。
少彦名神社
 
えーっと。。。ビルだよね?
どうみても神社に見えんのやがw
ふむ。。。たしかに少彦名神社と書いてある。。。
金の虎

トラだ!トラだ!おまえはトラになるのだっ!!
(タイガーマスクの秘密結社トラの穴のシンボルみたいに見えるのは気のせい?^^;)



地元民には、通称神農さんと呼ばれているそうです。


しめ柱の後ろ。。。
えーっと。。。ビルの狭~い谷間
。。。ここが入り口なのね?汗

神社ビル?の壁を境に
左右の路地裏。。。もとい
通路。。。もとい、参道?

左右どちらからも奥の拝殿に通じてるので
どちらも参道になるのでしょうね。。。たぶん^^;



左参道(拝殿側から方向で撮影)
すごく辛らつな言い方なんですが、昭和初期の薄暗いアパートの通路という感じです^^;
絵馬がたくさん! 治癒・健康祈願が多く、医学部合格の祈願なども書かれてました。)

右参道
張子の虎
ぬおっ? 薬のショーケースが。。。しかも、結構メジャーなんが多いっ!!
張子の虎は、信貴山 朝護孫子寺(奈良県)だけじゃなかったんだね。
( ってか、虎頭殺鬼雄黄圓てw スゲー名前の薬やなっwww)
大阪船場道修町は、豊臣時代頃から薬種取引の場として薬種業者が集まるようになってたそうで
現在も、この道修町には、小林製薬、塩野製薬、武田薬品など数十社が本社・支社を構えているそうです。

(だから薬展示してあるのね?)

ちゃんと鳥居があったっ! 鳥居後ろの木の根元にちんまい鳥居w 神木でしょうね。

本社(拝殿) 左の提灯がたくさんある社殿は社務所
祭神:少彦名命・神農炎帝(薬祖神)
左奥に腰掛けてるのが神農さん。てか、鬼?角生えてるんじゃ??
ちょいとおどろおどろしいですな^^;
右奥には張子の虎
上のレリーフ絵馬? えーっと。。。軟膏チューブ?w
(某メーカーの緑茶・ウーロン茶のデザインじゃ?)

ビルとビルの隙間奥にあるので致し方ないけども、境内はかなり狭く感じるし
参道に薬ショーケースが展示されてるわで
失礼ながら、想像してたのと違い「え?ここってほんまに神社?
という印象を受けたので、ご朱印は見送りました。^^;
(ですが、大阪市民の間では結構有名所らしいので、再リベンジの際に、ご朱印も頂こうと思ってます。汗)

期間限定のご朱印もあるようで
どうやら毎月何かしらの期間限定バージョンがあるそうです。
まぁ、もし頂くのなら、通常ご朱印のみでいいかな?と思ってたりもしますw

お守りなど色々置かれている社務所側も撮りたかったんだけど
ご朱印も頂かずにパシャパシャ撮るのは申し訳ない気がしたので遠慮しときました^^;

帰ってから、画像確認で気づいたのですが。。。
資料館(しかも無料!!)があったのね@@;
(ビル自体は製薬会社だと思い込んでたのでノーマークだった><;)
近々に、再訪問リベンジしたいと思います!。。。あくまで予定やが^^;

0 件のコメント :

コメントを投稿