法雲寺③ 山門~厄除大観音

今さら感があるのですが
とりあえず山門へ。
(いったん山門を出て仕切り直し^^;)
大寶山 法雲寺
 

山門から入り
突き当たりを左に行くとこんな風景。
建築物も植木も立派なのに
手水舎は蛇口なのね^^;
手水舎の向かい奥には。。。
弁財天堂
中に弁才天が祀られてると思うけどお姿確認できず。



右側(手水舎の後ろ側)には
六角堂

左手。。。というか参道通りに進むと
天王殿 侵入者から寺を守る意味合いで建てられた、黄檗宗独特の建物。

柵がしてあるので間近では見れないのと、ガラスの反射で上手く写せませんでしたが
寺を守る像が安置されています。
山門から来て正面に弥勒菩薩 (布袋尊)
玉皇山弥勒寺❐のように
布袋さんを弥勒菩薩と同一化してるようです。
背面(本堂側から見て正面)におそらく慧極禅師
(慧極禅師...法雲寺を開山した黄檗宗の僧侶)

殿内側面に各方位を守る四天王像
廣目天 (西北)
持国天 (東南)
多聞天 (北東)
増長天 (南西)
本堂側から見た天王殿

天王殿からの眺め (ぜひ画像クリック→虫眼鏡マーククリックで拡大画像みてくださいませ♪)



厄除大観音 高さ10mはあろうかと@@;
境内参道の石畳もあえてひし形で配置するなど
独自の雰囲気を醸し出しているのですが。。。
景色に見とれて歩いてると躓いてこけそうになるので
何気に足元に注意しないと危ないです^^;




実のところ、最初に大観音を見に行ってたりで
実際に見てまわった順は異なるのですが
ブログUPの便宜上、赤枠内の箇所を記事にしました^^;


。。。つづく

0 件のコメント :

コメントを投稿