叡福寺② 多宝塔~聖霊殿

まずは。。。
入り口から見えてた左側の塔から見ましょうかね。
多宝塔
承応元年建立。渋いですね!
これは。。。虎かな?(白虎でした)
あとで気づいたので
ピントはあってませんが。。。
朱雀
輝度も低いし
おもくそ画像荒いですが
おそらく青龍
玄武は壁側だったので撮ってませんが、各方位を四聖獣が守ってました。
(ただ、方角と聖獣の位置関係がおかしいような気も^^;)



多宝塔の向かい(山門正面ではなく、山門左手にあります)
本堂金堂 本尊:如意輪観音
通常、境内構成としては山門正面に本堂があることが多いのですが
山門正面奥は聖徳廟になっています。

ぼけ封じ観音 と おびんずるさん

如意輪観音といえば
女性的なふくよかなイメージですが

格子から拝見させていただくと
こちらの本尊は
如意輪観音特有のポーズはされてましたが
シュっとした男性のようなお顔立ちでした。


こちらは、如意輪観音ではありません。ねんのため^^;
(本堂前に祀られてる、ぼけ封じ観音おびんずるさんです)



本堂の左隣は
宝蔵(宝物館) 有料だし、開いてなかったので入りませんでしたが^^;
宝蔵の隣に土蔵
(なにかは不明)
屋根の下にも屋根
神輿の屋根でしょうか?
土蔵前(本堂裏手)
役行者(たぶん;)

聖霊殿(太子堂)
本尊は聖徳太子十六歳の等身像らしいのですが、暗すぎて中の様子はほとんど見えませんでした。汗


。。。つづく
最初 最後

0 件のコメント :

コメントを投稿