住吉大社⑤ 楼門~うどんや風一夜薬

では、楼門の先を見に行きましょう。
第一本宮左側にある楼門を潜ります。


楼門くぐった正面に見えるのは
伊勢神宮拝所
龍の浮き彫りかと思ったら、松だったのですね^^; 
拝所の後ろ
改修中なのは何だろ?

御文庫 奉納書籍を収蔵している大阪最古の図書館
 
御文庫の隣にある石灯篭。
屋根つき格子が設けてあるのは何故でしょな?
(住吉大社で最古の灯篭なのかな?)

手水舎
こちらはウサギではなく龍口でした^^;
手水舎の隣に
手水鉢 近づいてみると、まるで鉢に噛み付いてるかのように、縁ぎりぎりの高さに龍の顔が^^;

初辰まいり(キティもあるが^^;)の上り旗だらけw
神木:夫婦楠
初辰まいり
毎月最初の辰の日に、4つの末社(種貸社楠珺社浅沢社大歳社)をお参りすると、商売発達の御利益が得られる。
(訪問前に、この情報を知ってれば見落とさなかったんですが、種貸社とその周辺はゴッソリ見落として帰ってしまいました><;)



提灯がいっぱいぶら下がってる社があります。
どうやらここが楠珺社のようです。
楠珺社
祭神:宇迦魂命
殿内にも提灯がいっぱいw
殿前には招き猫が一杯!
(顔が可愛くない^^;
奇数月は左手を挙げた家内安全の招き猫
偶数月は右手を挙げた商売繁盛の招き猫を授与
小さいのから大きいものまでありますが
最初はこの小さいのを頂くことになります。
一番小さな招き猫を4年かけて48回奉納すると、中サイズ1体と交換
。。。で、さらに48回奉納すると大サイズ1体と交換。汗

つまり、大サイズになるまで最短でも12年もかかるということになりますな(*_*; 

神符招福猫授与所
てか、ここにもキティがwww
(四十八辰。。。始終発達というゴロあわせ^^;)


手押しポンプの井戸

この建物はなんだろう。。。うどん屋なんやwと思ったら
うどんや風一夜薬」という製薬会社の本店でした^^;
なんとも紛らわしい名称ですなw(主に生姜湯などを販売してるらしいです)。。。ていうか、境内に製薬会社があるというのも珍しい^^;


。。。つづく
最初 最後

0 件のコメント :

コメントを投稿