叡福寺④ 二天門~浄土堂

さぁ~、ではいよいよ聖徳廟を見にいきましょうか。
二天門
右隣にも階段があったので
だから二天なんや
。。。と思ってたのですが、とんだ赤っ恥w

こちらは、正面に浄土堂があります。
(どちらも、同じ敷地に出ますけどね^^;)

階段側からは壁で見えませんが
左に増長天
天邪鬼を踏んづけてます。
前は大ワラジかな?
右に持国天
こちらは赤い天邪鬼ですな。
門の両サイドに二天がおられました! (だから二天門なのね^^;)



正面には聖徳廟が見えます!
賽銭箱と香炉の三つ巴紋と、聖徳廟垣門?の菊御紋がいい感じだわぁ~♪


聖徳太子御廟
龍や獅子の瓦も凄いですが、宮彫りも緻密
屋根下の中央は阿弥陀三尊
斜めアングル
独特の三つ重ねの建物は石室入口の覆屋だそうです。
穴穂部間人皇后(太子の生母)と、聖徳太子膳部大郎女(太子妃)の3人が葬られており「三骨一廟」とも呼ばれるそうです。

覆屋の中に、古墳入口である横穴式石室があるワケですが
やはりというかなんというか
宮内庁管轄なので、中には一切入れません!
白砂が整地されてますな。
正面からは縦模様しか見えにくいですが
角度をかえて見ると
うず模様で整えられてる部分もありました。

聖徳廟側から見た二天門
二天門から見た南大門側



聖徳廟の左手には
上の御堂 中には聖徳太子35歳像が祀られているそうです。

聖徳廟右手には
浄土堂 堂内には、阿弥陀三尊(阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が祀られていました。


。。。つづく
最初 最後

0 件のコメント :

コメントを投稿