名古屋名珍寺 桃巌寺③

宝幢まで戻ります。 右を行くと名古屋大仏でしたが、左に行くと
本堂がありました。
「本堂はご自由にお参り下さい」と書いてあったので
一礼し上がらせていただきます。

キュッキュッキュ。。。廊下部分は鴬張りみたいですね。
祈願石 石に願い事を書いて奉納するようです。
若干中国チックな屏風
キレイな絵天井ですね♪

ご自由に。とのことなので、奥のほうも拝観させていただきました。
さすがに祭壇のすぐ真ん前に立つのは失礼かなと思ったので、少し横からパシャリ。
(中には像がたくさん置かれてるみたいです)
祭壇左手側には、大仏の唇
唇は、以前の名古屋大仏のものみたいです。
(昭和62年に大仏の改装してたんですね)
祭壇右手には大中小のリン。


名古屋大仏の1/10サイズ金色レプリカ (どうせなら、象のいる台座部分も造っておいてほしかったかも^^;)
自分も、写佛彩色してて感じたことなんだけど
大きさによる違いもあるけど、色によって表情など見え方が変わりますねー。
「目は命」とはよく言ったもんだ。瞳が入ってると顕著に違いが出るから不思議だわ。

レプリカの手前に
巨大な木魚!! 1mくらいはあるでしょうな。
大きさがわかるように木魚の横に立ってみたっ!w
彫り模様も立派だねぇ。
あとで知ったのですが、この巨大木魚に触ってもよかったそうです。
「触れると過去の悪行が消滅する」とか。。。触りまくっとけばよかったなぁ~^^;

ありがとうございました。一礼し、本堂を出ます。


本堂手前にある灯篭
これもなかなか細工が細かいですな。

弁才殿 本堂とL字型につながったお堂。 (ねむり弁天などがあるそうです。)
中に入ってみようかと思ったのですが、拝観料1000円^^; 金欠ゆえ諦めました。。。
ていうか、このお寺には、ご朱印がないのですね。

庭園。。。でもないけども、なにやらチラホラ見えてますので見てまわりましょうかね。
慕情観音(このお寺のオリジナルでしょうか。。。)
「眺めているだけで、思い出すことがある」と書いてありました。
深いねぇ~。
織田信秀公廟所
(織田信長の父、信秀の霊を祀った場所)
五輪塔
奥にも石碑がありました。 台座は亀かな?

だいたい見てまわれたかな?
無料の場所はほとんど見てまわれたんじゃないかな?
んじゃ、帰りましょうか。


。。。つづく




0 件のコメント :

コメントを投稿