天狗伝説 最乗寺

ひとつ前に訪ねた箱根山大天狗神社で、肝心の大天狗が見れなかったので
スマホで検索してたら、神奈川県に天狗で有名なお寺があることを知りました。
なんかね
天狗で有名なとこあるみたいなんやけど行ってみない?

ほー。
結構大きい寺みたい。天狗もあるみたいですわ。
ほほー。行ってみましょう。
というワケで、天狗が建立したという伝説(※) がある 最乗寺を訪ねてみました。
大雄山最乗寺を開山した了庵慧明禅師の修験道行者である
道了尊には天狗の神通力があった。
そして自らも天狗になった。
 天狗には500人分の力があり、1年あまりでこの大寺を完成させた。

駐車場からスタートしたので山門からは入ってません^^; (山門側は後ほど載せますです)
途中に、慰霊碑がありました。

階段を上ってくと
瑠璃門 最乗寺の表門

瑠璃門をくぐると開けた場所にでました。
まず正面に見えたのが書院
光明亭
光明亭の隣、鐘鼓楼の前には藤が咲いておりました。
僧堂(座禅堂) 修行僧が戸口から出て法螺貝を吹いていたんだけど、すぐに堂内に戻られたので撮れなかった^^;
本堂(護国殿) 中は撮影禁止のようなので撮ってませんが、煌びやかな天蓋が吊り下がっていました。(書院の左手)
本堂屋根烏帽子の上に鳥がとまってたのでパシャリw

本堂左手に開山堂金剛寿院
向かいに金剛水堂
病を治す霊水(金剛水)が湧き出てるお堂。
隣にある石灯篭。。。ハートマークってのが珍しくない?


っていうか、天狗が見あたらんねぇ~。。。
そうやなぁ~。。。


。。。つづく
最初 最後

0 件のコメント :

コメントを投稿