名古屋名珍寺 桃巌寺④

入り口近くの清浄門をくぐり、戻っている最中

なにやら、石塔が見えた。

お? あれはまだ見てないかも?
奥にもなにかあるっぽい。ちょいと見に行ってもええかな?
ええでっw 行こ行こっ。


どうやら、手水場があったところから、さらに奥へ行けたみたい^^;
三重塔の石碑

そばには池がありました。 月と太陽を現してるのかな??

どんつきに、小さなお堂。
中には、道祖神がありましたです^^;

ちょ。。。こっちにもあるで。 2本も生えてるでw
え?どれどれ。。。ほんとだw

お堂の横にある小さな石仏に
2本のナニが。。。
池のそばにあった木も卑猥に見えてしまった
。。。気のせいか?^^;

お堂の左手にも進めるみたいなので、行ってみます。
おおっ!
生命之根源 魔法のランプのような形ですね
ネットで調べたところ、ヒンドゥー教のリンガ(男性器)とヨーニ(女性器)の形状らしいです。

(「リンガとヨーニ」で画像検索してみてください^^;)
2匹の蛇、というかコブラ?が巻きついてました。
手水場かな?と思ったのですが、下に小さな童子、後ろには卒塔婆があったので水子供養をするためのものかもです。 


その向かいには。。。
コンクリート製のお堂が。。。
中になにやらありそうです。
スリッパが置かれてたので、入れるのかと思いきや、施錠されてて中には入れないみたい。。。

手前にある香炉。 
なかなかの造詣です。 こちらにも象そして孔雀!干支も施されてますな。
おみくじが売られてますが。。。木の枝だけでなく象の鼻にも結ばれてるというw 
(や。いいとは思うんですが、香炉の象の細部を撮りたい自分としては、はがゆいw)

ブログにUPするまで気づかなかったんだけど、香炉の下にある像。。。
ずいぶん大きなナニがついてたのですな^^;
堂内には入れませんでしたが、中の様子を見てみると
すごく煌びやかな金色狛犬がいてましたっ! 後ろにいるのも狛犬かも?
中央におられる像は。。。8本の腕があるみたい。。。
一面八臂。。。あっ!これは弁財天の別のお姿❐かも?

こんなものがあるとは思わなんだ。
引き返して見にきてよかったなっ。
せやねっ!


もしかしたら、このお堂が弁才殿かもです。
後日わかったのですが、弁才殿の中には
ねむり弁天のほかに、歓喜仏(性交している仏像)や道祖神が多数あるのだそうです@@;
(写真撮影も可らしい。。。ん~。。。1000円払って拝観しとけばよかった;;)

とはいえ、名古屋で一番見たかった名古屋大仏も見れたし
弁才殿の堂内以外にもたくさん見所があったので、大変満足できましたです。ハイ






0 件のコメント :

コメントを投稿